お知らせ

強運の招き猫

強運の招き猫が会社にやってきました。
お仏壇の喜久屋さんにある「八王子空襲をくぐり抜けた強運の招き猫」をモデルに作成された招き猫です。

昭和二十年八月二日、第二次世界大戦による「八王子空襲」があり、市内は大きな被害を受け、市内の家屋八割が焼けたと伝えられています。その戦火のなかで、焼け残った一つの蔵がありました。それは瀬戸物店の蔵で、そのご主人から「大きな被害のため、商売をやめる。どうか、焼け落ちなかった蔵の中身をすべて買ってほしい」と知人であった当店初代店主が頼まれ、それに応じたそうです。その中にいたのがこの招き猫であります。蔵は焼け残ったといえ蔵の中は凄い状態で、招き猫の表面についた焼けたような跡はそのときについたものらしいのです。以来、当店に居りまして、家業と八王子の変貌を見守り、平和な世界を望み続けております。

その「八王子空襲をくぐり抜けた強運の招き猫」をモデルに作製されました。

右手をあげている招き猫は、金運、幸運を招く「金運招福」。(重吉)
左手をあげているものは、幸せを招く「開運招福」と言われてます。(美吉)
http://manekineko.kikuya100.com/index.html

Contact お問い合わせ