お知らせ

サイト閲覧者の動きが具体的にわかる「ヒートマップ」を導入しませんか?

ITお役立ち情報

「ヒートマップ」とは、サイトの閲覧者の行動を可視化してくれるものです。Googleアナリティクスなどとは違い、ページ内のクリック箇所や熟読箇所などが色で表現されるため、ページ内の改善に役立ちます。

では具体的にどのような機能があるのか見ていきましょう。

マウスの動き

ヒートマップ(マウス)

ページ閲覧者がどのようにマウスを動かしたかを見ることができる機能です。もしマウスの動きが様々なところに動きすぎているようだったら要注意です。閲覧者が迷ってしまっている可能性が高いです。

クリック

ページ閲覧者がクリックした場所を見ることができる機能です。ほとんどクリックされていない場所がある場合は、移動や削除の検討を行う、デザインの変更を行うなどして改善を行います。クリックできない場所にクリックが集中している場合は、閲覧者が勘違いしている場合があります。また、それはユーザーのニーズでもあるため、意図を分析して改善に役立てることができます。

熟読エリア

ページ閲覧者の視線が集まっている部分を可視化してくれる機能です。視線とマウスの動きには密接な関係があるという研究結果に基づき、マウスの動きをもとに視線の動きを解析して表示しています。あまり読まれていない場所の改善や、熟読エリアを上部へ移動することによって回遊率上昇を目指すなどに役立てることができます。

終了エリア

ページ閲覧者がどこまでスクロールを行ったのかを可視化してくれる機能です。スクロールした人の割合をパーセンテージで表示してくれます。見てもらいたいコンテンツまで閲覧者がスクロールしてくれない場合は、配置の入れ替えを行ってみましょう。

離脱エリア

ページ閲覧者がどこで離脱したかを可視化してくれる機能です。離脱が多い場所がどのような場所か確認し、デザインやレイアウトの修正を行います。特にランディングページなどで威力を発揮する機能です。

最後に

ヒートマップは様々な改善に役立つ機能をたくさん持っており、現状のページの問題点を見つける・改善することができます。さらに、Googleアナリティクスやサーチコンソールのデータを組み合わせて活用することにより、ページごとのユーザの行動を細かく調べ、効果的に確認することができます。サイトからお問い合わせが来ない、商品が売れない、ページが見られないなどのお悩みがある方はぜひこれを機会に導入してみてはいかがでしょうか。

弊社ではヒートマップを活用したページ改善業務も承っております。ぜひお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

Contact お問い合わせ