お知らせ

Google ChromeでHTTPSによって暗号化されていないサイトに通知が表示されます

ITお役立ち情報

Googleは、7月25日にリリースされたChrome68から暗号化されていないページ全てに通知を出すように変更されました。HTTP接続した場合は、サイトへの接続は暗号化されません。従って、この通知が表示されたままの状態となります。

2018年9月からは常時SSL化されているサイトに表示される「保護された通信」というラベルも表示されなくなる予定で、暗号化されていないWebサイトが目立ってしまう事になります。

さらに2018年10月からはHTTP接続でデータ入力すると、警告文が赤くなるように変更される予定です。ユーザーは危険を感じて離脱することが一層増えることは間違いありません。

まだ暗号化がお済みでないWebサイトのオーナー様はぜひこれを機会にご相談ください。

Contact お問い合わせ