お知らせ

Windows7が再起動を繰り返して起動できない?

ITお役立ち情報

今年春頃より、お客様先でWindows7が再起動を繰り返してしまい、複数のパソコンが使用できなくなる事象が発生しました。

本事象はWindows7の32bit版を使用しているパソコンでのみ発生する事象であり、原因と解決方法を記載させていただきます。

原因

本事象が発生する原因は、特定ソフトウェアのUSBプロテクトキーで使用されている、「HASP USBキードライバ」とWindowsUpdateとの干渉が原因で発生する事象である事がわかりました。

仮起動方法

Windowsが再起動を繰り返してしまっているため、パソコンの起動直後に表示されるパソコンメーカーのロゴ画面、またはPOST画面でF8キーを連打し、セーフモードで起動します。

解決方法

本事象の解決方法は、「HASP USBキードライバ」のアップデート、または現在利用していない「HASP USBキードライバ」の削除の2通りの方法があります。

最新版のドライバは各種ソフトウェアのメーカーサイトで配布されている可能性がありますが、該当するソフトウェアのメーカーに問い合わせ、サポートを受ける方法が確実です。

本事象は、現在該当ソフトウェアを使用していない場合でも、 古い「HASP USBキードライバ」がインストールされていると発生してしまいます。

発生条件

・Windows7 32bit版を利用している
・USBプロテクトキー(HASP USBキードライバ)を用いるソフトウェアを使用している
 または、過去に同パソコンでUSBプロテクトキーを用いるソフトウェアを使用していた
 (HASP USBキードライバが残ってしまっている)

Windows7が再起動を繰り返す事象が発生し、上記発生条件2点に該当する場合は、本解決方法で解決できる可能性がありますので参考にしてみてください。

Contact お問い合わせ