お知らせ

すぐにできるホームページの表示スピードと改善点を調べる方法

ITお役立ち情報

みなさんの運営されているホームページや自社サイトはすぐに表示されるでしょうか。それともしばらく待たないと表示されないでしょうか。パソコンで見た場合は?スマホで見た場合はどうでしょうか。もしかすると他の環境や場所によっては別の結果になるかもしれません。

そこで利用したいのが、Googleが提供しているサービス「PageSpeed Insights」です。使い方は簡単、ページにアクセスしてURLを入力するだけです。

このように様々な情報や改善点、点数が表示されます。スマホとパソコンで見た場合の両方のパターンも教えてくれます。

Googleはページの表示スピードも評価しており、検索順位に影響が及ぶ部分でもあります。さらに、ページの読み込みが数秒遅れるだけで、サイトから離れてしまう人が数倍になることもあります。

下記の表はGoogleが発表した、読み込み時間によってサイトから離れてしまう確率です。3秒以上かかると90%の確率で離脱してしまうことがデータから読み取れます。つまり、読み込みに3秒以上かかったサイトをお持ちの方は、大幅な機会損失が日頃行われていることになります。

今回紹介した「PageSpeed Insights」を活用して、ご自身のホームページや自社サイトの速度を改善してみましょう。

弊社ではスピードアップのお手伝いや具体的な改善作業や提案など、表示速度改善に関する業務も行っております。まずはお気軽にお問い合わせください。

Contact お問い合わせ