お知らせ

【WordPressカスタマイズ】ビジュアルエディタを強制的に利用不可にする

WordPress

WordPressにはビジュアルエディタとテキストエディタが切り替えられるようデフォルトではセッティングされています。functions.php内に以下を記述することにより、全てのユーザがビジュアルエディタを利用できなくなります。

add_filter( 'user_can_richedit' , '__return_false' );

動作としては単純で、ビジュアルリッチエディターが使用できるか調べるフィルターフックに対しfalseを返すよう記述しています。結果、下記の画像ようにエディタ選択タブが非表示となります。

WordPress新規投稿画面

ビジュアルエディタとテキストエディタを切り替えると、WordPressの自動整形機能によって空タグの削除やPタグの挿入、BRタグの削除などが行われる場合があります。ビジュアルエディタを利用しない想定の場合は、上記コードにて無効にするとトラブルの可能性を下げられるでしょう。

WordPressのユーザ設定内でも「ビジュアルリッチエディターを使用しない」という設定項目がありますが、ユーザごとに設定する必要がある上、ユーザーがチェックを外すと切り替えが可能となってしまうため、このコードを利用して選択タブを削除した方が面倒がなさそうです。

ビジュアルエディター

Contact お問い合わせ