Windows Defenderを永久的に無効にしたい

先日、Windows 10 Creators Update以降、極端にPCが重くなる現象が発生しました。原因を調べたところ、Defenderが、ウイルスバスターと競合していました。通常はサードパーティ製のウィルス対策ソフトがインストールされるとDefenderは無効になりますが、何かの拍子に有効になってしまうことがあるようです。そこでDefenderが勝手に有効にならないように設定しました。

【Windows10 Pro以上、OSバージョンがCreators Update以前の場合】
「ファイル名を指定して実行」欄に「gpedit.msc」を入れてエンターおします。コンピュータの構成→管理用テンプレート→Windowsコンポーネント→Endpoint Protection→「Endpoint Protection を無効にする」をダブルクリック→有効にチェックを入れてOKをクリック、これで完了です。

【Windows10 Pro以上、OSバージョンがCreators Update(最新)の場合】
「ファイル名を指定して実行」欄に「gpedit.msc」を入れてエンターを押します。「コンピュータの構成」「管理用テンプレート」「Windowsコンポーネント」「Windows Defender ウイルス対策」を選択、「Windows Defenderウイルス対策を無効にします」をダブルクリック、「有効」にチェックを入れて「OK」をクリック、これで完了です。

【Windows10 Homeの場合】
「ファイル名を指定して実行」欄に「regedit」を入れます。レジストリエディタが開きますので、 HKEY_LOCAL_MACHINE→SOFTWARE→Policies→WindowsDefenderの順に開いていき、 WindowsDefenderのフォルダーのところで右クリックを押し新規にカーソルを合わせ、DWORD(32ビット)値というものがあるのでそれを選択し作成。名前は「DisableAntiSpyware」などとつけ、レジストリ値を1に設定して完了です。 (1が無効、0が有効にするという意味)

※作業は自己責任でお願いいたします。

関連記事

  1. 企業向け無線LANアクセスポイント設置
  2. ドメイン環境下で特定のユーザーでログオンするも一時プロファイルで…
  3. Gmalで「ダウンロードするメールが多すぎます」と表示され受信す…
  4. Outlook2013で中国語変換を行うとフリーズする
  5. Windows10から元のOSに戻す方法
  6. ディスクブートができない
  7. PDFの特定ページのみ回転して保存したい
  8. 64GBのUSBメモリが32GBしか認識されない
八王子のホームページ屋さん ITお役立ち情報
PAGE TOP