Outlook2013で中国語変換を行うとフリーズする

こんにちは。

先日お客様で、メール作成時に中国語に変換するとフリーズするといったお問合せをいただきました。

OSはWindows8.1。早速見てみると、変換を押すと幾つか候補が表示されますが、その候補を1ページから2ページ目にカーソルを動かすとフリーズします。

幾つか調べましたが具体的な解決策は見当たらず、マイクロソフトに問い合わせても対応できず、中国のコミュニティに相談してくれとのこと。

当然中国語がわかりませんし、翻訳ソフトを使っても完璧に変換できず時間もかかりそうなので、代替え案として、GoogleIMEで対応していただきました。

GoogleIME中国語はこちら

インストールは「标准版」にチェックが入っていることを確認して「下载谷歌拼音输入法」をクリックしてダウンロード後、起動します。

使用許諾契約書を読んでチェックを入れ「次へ」をクリックします。あとは最後まで「次へ」をクリックしてインストール完了となります。

インストール完了後は、言語バーの「JP」をクリックして「CH」にすると中国語入力が出来るようになります。

ちなみに、中国語には「繁体字(はんたいじ)」と「簡体字(かんたいじ)」の2種類存在します。

切り替えは「Ctrl」+「Shift」+「T」で切り替えることができます。

関連記事

  1. Office365契約方法(マイクロソフト)
  2. Windows10にアップグレードしたらメールが使えなくなった
  3. 付箋で「F10(半角英数変換)」が使えない
  4. 複合機を新しくしました
  5. Office365旧プランサービス終了
  6. メールにファイルが添付されていない
  7. Windows8.1 音が出ない
  8. Office365インプレースアーカイブが表示されない
八王子のホームページ屋さん ITお役立ち情報
PAGE TOP