DVD-RWのフォーマット方式について

こんにちは。
今日はDVD-RWについて。
 
再書き込みができるもの(できないものはDVD-R)で、ビデオ用とデータ用があり、ビデオ用の方が著作権関係の料金が上乗せされているため金額が少し高いことと、
ビデオ録画において、ワンス録画などを行う場合はビデオ用にする必要があります。
PCで使う分には、どちらを使用しても問題ありません。
 
また、フォーマットは、「ライブフォーマット方式」と「マスター方式」の2種類があります。
これはディスクを入れて「書き込む」を選択した際に最初に宣言することで以降ずっとその方式で使用することになります。
この方式は再フォーマットすることで、選びなおすことができます。
以下それぞれの説明です。
 
「ライブフォーマット方式」→USBフラッシュのように、何度でも再書き込みができるタイプ
 
「マスター方式」→一度書き込むと再書き込みができないタイプ。
 
用途に応じて使い分けるとよいでしょう。

関連記事

  1. 付箋で「F10(半角英数変換)」が使えない
  2. 企業向け無線LANアクセスポイント設置
  3. Office365旧プランサービス終了
  4. セキュリティUSBが認識しない
  5. iPhone修理(前半)
  6. Windows Live メールが起動しない
  7. IE11で特定のリンクを開くと白紙のページが表示される
  8. ドメインを組んでいるPCにログオン出来なくなった
八王子のホームページ屋さん ITお役立ち情報
PAGE TOP