ウィルスに感染してしまった

こんにちは。

今日はパソコンのウィルス感染についてお話します。

 

やられた!


先日、朝一番にお客様から連絡があり、
パソコンがウィルスに感染してしまったとのこと。

感染経路は1通のメールでした。
英文メールだったが、Faxの受信通知を装ったメールだったため、
思わず添付ファイルを開いてしまったとのこと。マイクロソフトのセキュリティエッセンシャルが入っていましたが検知しませんでした。

ウィルスは「Cryptowall(クリプトウォール)」というものでした。

パソコンに保存されているあらゆるファイルを暗号化して、
暗号を解除するツールを購入させるという仕組みです。

早速パソコンを見てみると、
暗号化されたことを説明する文章と解除ツール購入先URLを案内するページが表示されていました。

14121901

14121902

データは全て開けなくなっており、
USB外付けハードディスクにバックアップを取っていましたが、
その中も全て感染していました。

 

駆除


・ノートンパワーイレイサーをインストールしてフルスキャンをかけます。

・暗号化されたフォルダの中に、以下3つのファイルが埋まっていたので、 全て検索をかけて削除します。

・DECRYPT_INSTRUCTION.HTML

・DECRYPT_INSTRUCTION.TXT

・DECRYPT_INSTRUCTION.URL

 

今後の対策


・不用意なメールの添付ファイルを安易に開かないよう注意する。

・OSや各種ソフトウェアを常時最新に更新する。

・バックアップを隔離して保存する。

・有償のウィルス対策ソフトの導入を検討する。(ウィルスバスターでは検知するようです)

 

幸いにも幾つかのデータが他のPCにも残っており
そこまで大事いは至りませんでした。

皆さまもどうぞお気をつけください。

関連記事

  1. PDFの特定ページのみ回転して保存したい
  2. Windows10にアップグレードしたらメールが使えなくなった
  3. Gmalで「ダウンロードするメールが多すぎます」と表示され受信す…
  4. 付箋で「F10(半角英数変換)」が使えない
  5. Word2016で文字を入力しようとすると枠外のテキストボックス…
  6. IE11で特定のリンクを開くと白紙のページが表示される
  7. ドメイン環境下で特定のユーザーでログオンするも一時プロファイルで…
  8. Office365アプリケーションのアクティベーション周期につい…
八王子のホームページ屋さん ITお役立ち情報
PAGE TOP