さくらインターネットの迷惑メール対策について

今日は「さくらインターネット」の迷惑メール対策についてお話したいと思います。

先日、さくらインターネットのメールをご利用いただいているお客様より、

「海外からの迷惑メールが多いのでなんとかしてほしい」とのご要望があり色々と調べた結果、

有効な方法は見つかりませんでしたが、そこに行き着くまでの備忘録として掲載します。

 

国別コードトップレベルドメインを把握する


まず始めに、どの国から届いているメールなのか把握するため、

届いたメールの末尾を確認し、リストを作成しました。

国別コードというのは、国ごとに決まっているトップレベルドメインのこと。

日本であればメールアドレスの最後に入っている「.jp」がこれにあたります。

 

ブラックリストに登録する


次にさくらインターネットのブラウザメールから設定していきます。

①ブラウザメールを開いて、受信フォルダなどがある所にある「設定」をクリックします。

設定1

②設定画面が開いたら「メールフィルタ」のタブをクリックします。

設定21

 

③ブラックリストの「新規作成」をクリックし、「\」の後に「.国別コード」を入力します。

(例)ロシアの場合「\.ru」 ※「\」はキーボードの「\」マークを入力します。

設定3

 

④登録が終わったら、「マッチしたメールの処理」にチェックが入っていることを確認して「OK」をクリックします。

 

解決したかに思えた。しかし・・・


この方法はインターネットに掲載されていた記事を見て設定しました。

さくらインターネットの迷惑フィルタは「spam assassin(スパムアサシン)」を使っており、

頭に「\.」と入れることによって、メールアドレス末尾の「.~」に対応するということでしたが、

後日、正常なメールがゴミ箱に入っていることに気が付きます。

そのメールは@前のアドレス部分に「.sunaga」とありました。「.su」の設定に反応したようです。

ということは、「\.」の「\」は、末尾を指しているわけではなく、

メールのどこかに当該スペルが存在した場合という意味になります。

これでは、必要なメールもゴミ箱に入ってしまい使い物になりません。

 

結局、設定した国別コードは全て削除しました。

現状できることは、さくらインターネットの迷惑フィルタを「ON」にして

迷惑メールが届く度にブラウザメールから「このメールは迷惑メールではない」という設定をするしかありません。

「spam assassin(スパムアサシン)」には学習機能があるようで、序々にフィルタの判定が賢くなるようです。

 

その他にも「spam assassin(スパムアサシン)」の「しきい値」を変更する方法なども紹介されていましたが、

不確定要素もあるので、今回は実施はしないことにしました。

 

その他、さくらインターネットの迷惑メール設定について分かったこと


◆ホワイトリストとブラックリストに同じメールアドレスを登録した場合はブラックリストが優先される。

◆ブラックリストに登録したメールアドレスは、あくまで受信側でゴミ箱に入れるか破棄するか選べるのであって、相手に拒否エラーメールを返すことはない。

◆「spam assassin(スパムアサシン)」の学習機能は特に設定しなくても常時学習し続けているが、「迷惑メールフィルタを利用する」にチェックが入っていないと機能しない。

◆ブラックリストによってゴミ箱に入ったメールは、ユーザーが削除しない限りずっと残る。勝手には消去されない。※迷惑メールフォルダも同様

◆さくらインターネットの迷惑メール設定において、ホワイトリスト、ブラックリスト共にワイルドカードは設定できない。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. Internet Explorer起動時にセキュリティの警告メッ…
  2. Office365 Outlook2013 受信フォルダが英語表…
  3. Windows10にアップグレードしたらメールが使えなくなった
  4. Office365価格変更
  5. Gmalで「ダウンロードするメールが多すぎます」と表示され受信す…
  6. セキュリティUSBが認識しない
  7. Office365アプリケーションのアクティベーション周期につい…
  8. 64GBのUSBメモリが32GBしか認識されない
八王子のホームページ屋さん ITお役立ち情報
PAGE TOP